おうちのモヤモヤ退治

おうちのモヤモヤ退治

家の中のもやもやをなくす為に邁進するブログ

しまうのが億劫、それは減らす合図

 洋服を減らそう、と思うきっかけは人それぞれ。部屋が汚いから。引越しするから。新しく服を買ったから。衣替えの季節だから。等々。

 

私の場合「引出しがスムーズに開かない」「引出しにしまいにくい」と思ったらタイミングです。洗濯して戻す時に億劫だなー、なんか労力使ってるなーと思ったら見直しのタイミング。引出しの中でぐっと服を寄せる、とかですね。今回は洗濯物を2回し分一気にしまった(←)ので、より億劫度が増し、耐えきれず途中から減らしにかかりました。

 

今の私の洋服収納は、クローゼットに作り付けの引出しが3段。①トップス ②ワンピース ③ボトムス で分けています。ここにスムーズに収納できるようにするのが目標です。というわけで黙々とチェック。

 

確実にこれからも着る服と、やっぱり素敵でときめいちゃう服は残し、ちょっと微妙な気持ちになるものとはお別れにしました。こんまり先生のときめきの魔法はやっぱり一基準になりますね。

 

余談ですけど、こんまり先生は「捨ては祭」「全部一度引出しから出してジャッジする」というスタイルですよね。個人的には、あれは他の人と一緒の時じゃないとやっちゃいけないと思っています。1人だと全部出したはいいけど、決められなくて戻せないで1日終わって嫌になる人が多いらしいので。

 

今回はトップス10枚、ワンピース6枚、ボトムス3枚とお別れ。引出しの開閉がスムーズになって満足。夏物を減らす予定が冬服もちょっと処分してしまったのですが、むしろ新しい冬物と出会えると思ってわくわくしておきます。

ただ今回はまだマタニティで産休中なので、ジャッジしづらい服も色々。ミニマリストの方で服を絞り込めてる方って、結構生活が安定している方なんだなぁとしみじみ思ったりしました。