おうちのモヤモヤ退治

おうちのモヤモヤ退治

家の中のもやもやをなくす為に邁進するブログ

【混合から完母への道のり】9:ミルク減量と、今更母乳について勉強

1ヶ月検診で「完母でいける」「ミルク足さなくても大丈夫」を言われた私は、2日後に早速トライしてみました。

f:id:itgreco:20190606001350j:plain

検診までは「3時間おき」「直母→ミルク」「ミルクは1回70ml(=1日560ml)」でやっていました。我が娘はあまり食欲がないタイプなのか、空腹のサインを出すことも「お腹がすいたんじゃー!」と泣くこともほぼなく(当時の感想)、基本すやすや寝て3時間で起きてくるタイプでした。

 

まずは直母で飲まし、その後一応ミルク40ml足すことに。ぐびぐび哺乳瓶ミルクを飲みきった娘。よく飲んだねー、終わりだよー。すると。

 

「ほぎゃあああーーーーっ!」

 

大泣きしました。意訳すると、「ミルクもっと寄こせやー!まだあるやろがー!」って感じでしょうか?いやでもミルク足さなくてもいい位って言われたし!

 

しかし泣き続ける娘「ほぎゃああああああっ!」。うぅぅ、駄目だここでくじけちゃいけない!ごめん娘諦めてくれ……「うぎゃああ!」

 

しばらく40mlでやってみようとしましたが、無理無理。50mlに増やしても2時間持たなかったです。でも60mlにしたら3時間寝ちゃう。助産師のKさんに言われた「2時間半くらいになるように調整してみて」と言われてもなかなか難しい……。

 

 

当時の授乳記録を見ると、「泣いてる」「ギャン泣き」の言葉が踊っています。

 

そう。本当はこんなミルク減量やっちゃいけなかったんですよね。

 

「最強母乳外来」という母乳育児情報のサイトを見ると、急激なミルク減量をやってはいけないと書いてありました。私か。

solanin928.cocolog-nifty.com

 

サイトを読んで大反省しました。というか、私母乳育児についての知識なさすぎたかもしれない……。もともと「母乳が足りなかったらミルク足そう」「母乳育児にこだわって苦しみたくないし」と思っていたために、ざっくりな知識しかなかった私。完母への決意のなさがこんな結果を招いたのか……。

 

とりあえず今からでも遅くないと思い、サイトを片っ端から読み耽りました。そしてミルクを無理に減らさず、まぁでももうちょっとマメに頑張ろうと拳を握りしめました。

 

 

胸が張ってから飲ます、ではなく、とにかく吸わせて刺激することで生産量を増やす。胸がぺたんこのふにふに状態でなくてもいいから、とにかく吸わせる。毎回3時間おきの直母+ミルクではなく、直母だけの回を作ってみる。回数を増やす。こんな当たり前なことをやっとやり始めた生後1ヶ月目でした。