おうちのモヤモヤ退治

おうちのモヤモヤ退治

家の中のもやもやをなくす為に邁進するブログ

最近思うこと……「物持ちがいい」は本当に「物持ちがいい」のか?

このブログを読んでくださっている皆さま。あなたは「物持ちがいい」タイプの方ですか?

f:id:itgreco:20191007004515j:plain

 

私はかなり「物持ちがいい」タイプの人間です。ハイゲージのタートルネックのセーター10年、ウールのジャケット8年、等々、結構長々と着ています。言うとかなり周りから驚かれました。そして言われるのは「物持ちがいいんだね」というセリフ。体型があまり変わらなかったこともあり、好きなものはずっと着続けられました。クローゼットに鎮座する往年の戦士達。ちなみに服に限ったことではありません。基本的にモノを壊さず使い続けられるタイプなんです。なので私ずっと「物持ちがいいタイプ」だと思っていました。

 

で、ですね。

最近思ったんです。「物持ちがいい」って、なんだろうって。特に服について。

 

一般的に、服で「物持ちがいい」というのは、購入(in)してから処分(out)まで期間が長いことを言いますね。言い換えれば「クローゼットに長く、現役として入っている」ということです。何年も前からいるよねこの服っていう状態ですね。

 

この状態はどういうことなのか。

 

考えられるのは3つ、でしょうか。

①高頻度で着ているけれど、状態がいい(元々の物がいいorお手入れが適切)

②低頻度で着ていて、状態がいい(着ないからそんなに消耗していない)

③高頻度で着ていて、実は状態が良くない

 

通常の「物持ちがいい」は①だと思うのです、が……でも実は③だったりしないかな、と疑ったのです。

 

 

なぜそんなことを疑ったかのか。

 

きっかけはお気に入りのプルオーバーを書い直したことでした。水色のレース地のプルオーバーで、購入(確か3・4年前)以降大のお気に入りでヘビロテしていました。週1では必ず着ていたと思います。一番稼働率が高かった服でした。

 

いい加減ちょっとツレが出てきたので、処分を検討し……いやでもこの服なくなると困るから……とフリマサイトで探しに探しました。そしてAランク位(着用回数3回位)の古着をなんとか見つけて購入したんです。

 

届いたお洋服を見た私の第一声は、「あれ、色違う?」でした。

 

私が着ていたプルオーバーは、明るいグレーに近い薄水色。しかし届いたプルオーバーは、水色の色鉛筆よろしくのはっきりした水色だったのです。そう、簡単な話。私が愛用していたものは、色が褪せていたのでした。

 

でも当の本人、全く気づいていなかったんですよね。色褪せしているだなんて。

 

全く同じ服を数年後に買い直す。今回その経験をして、実際に並べて比べて、思い知りました。いくらよい状態に見えても、そんなことないんだって。

 

 

そして思ったのです。私の「物持ちがいい」って、本当に①なんだろうか?と。

 

 

勿論、私のクローゼットの中には①もあれば②もあります。でもそんな中に③が隠れている。これは本当に、ヘビロテしていればいるほど気づきづらいのかもしれません。処分検討リストに入りすらしない服だから。うぅ、迂闊でした。

f:id:itgreco:20181205172940j:plain

 

 

「一生もの」って、言うじゃないですか。「一生もののコート」とか「一生ものの鞄」とか。特にこの「一生ものの服」というフレーズは魅惑のフレーズで。一生ものなんだから、長く使えるんだから、奮発してもいいじゃないっていう気分にさせてくれる魔法の言葉。

 

でも服に関しては。残念ながらもう「一生もの」はほぼ存在しないんだと、何かの本(失念)で読んだことがあります。トレンチコートとか、よく一生ものアイテムで名前があがりますけど、今は着心地をよくするために伸縮性のある化繊が入っていて。このゴムのような伸縮性を持つものは、どうしても劣化するんだと。あとコーティングとか。まぁ物によるので一概には言えないとは思いますが、やはり服はどうしても消耗するのだと、そう感じました。

 

 

さて。

そんな「物持ち」について考えていて、思ったことがあります。長くなったので、次記事に続きます。