おうちのモヤモヤ退治

おうちのモヤモヤ退治

家の中のもやもやをなくす為に邁進するブログ

母親に見せて大失敗したYouTubeお片づけ動画。

先日の記事の通り、最近YouTubeミニマリスト動画を見ています。
 

 

楽しいし捗ります。そこで「実家で母親とお片づけ動画を見たら、なんか片付きそうじゃない?」と思い立ちまして。帰省時の夜、面白いテレビがない時に一緒に見てみました。ミニマリストのタケルさんの動画を一緒に見たんです。

 

最初の動画は、割と和やかな雰囲気で見ていました。見たのはこちら、おばあ様の洋服の片付けのそうです。


【ミニマリスト】衣類を100着以上処分。生前整理の重要性。

手放さないと溜まり、処分には時間も体力も要ると。これには母親も思い当たる節が山ほどあるようで、「そうだよねー」とか「これこうなのかな?」とか言いながら見ていました。

 

そして。関連動画で出てきた次の動画を見た時。我々の間に不穏な空気が流れました……。

 

その問題の動画がこちら。


【ミニマリスト】家中のお片付け。いらないモノ探し。整理収納のコツ。

 

「家中のお片づけ」だったので、いいかなーと思ったんですけれども。どうやらこの動画は、もともとミニマリストな女性が、さらにミニマリストを極めるために、ミニマリスト タケルさんをお家に呼んで指南を受けてモノをばっさばっさと捨てていく動画でした。

 

ほとんどモノがない玄関で、「長傘って入ります?」と聞き、「折りたたみがあれば充分ですね」となり、「じゃあ捨てます!」となる。

 

ほとんど何もない靴箱で、「このお手入れ用品使ってますか?」と聞かれ、「最近使ってないですね」となり、「じゃあ捨てます!」となる。

 

 

 

これって、ミニマリスト界隈(?)では多分全然普通の会話で。私と夫も割とこんな会話ができる方なのですが。えぇ。

 

これって、一般的な会話では全くないんですよね。

f:id:itgreco:20190123122741j:plain

動画を見るのは途中で打ち切りました。明らかに母親が不機嫌になり、「お母さんこういうのって大嫌い。持つべきものはちゃんと持てよ!って思う」との台詞が吐かれました。はい、大失敗です。余談ですが後日この動画を夫に見せたら「うん分かる分かる」とか言いながら共感していました。こんなにも反応が違う。

 

 

 

お片づけを始めて、お片づけにポジティブな気持ちがあると、ミニマリストの人の話ってめっちゃ面白いんですよね。「あぁそういう風に考えるのか」とか、「確かにそれなら要らないね」とか。私も参考にしながら、取り入れながら手放しをします。

 

でも、モノをたくさん持っている人には、特に捨てるのが不得手な人には「まだ全然使えるものを平気で捨てる人」に映りますし、今回の動画は更に「必要なモノまで平然と捨てる人」そのものに映ったようでした。行きすぎた人、と。

 

 

 

これはきっと、動画だけに起こる問題ではなくて、普通の会話の中でも生まれかねない乖離なんでしょうね。気をつけようと大反省したのでありました。