おうちのモヤモヤ退治

おうちのモヤモヤ退治

家の中のもやもやをなくす為に邁進するブログ

枯れた観葉植物を処分して、モヤモヤ退治

重い重い腰を上げて、枯れてしまった観葉植物の処分をしました。

f:id:itgreco:20200929093022j:plain

 

もともと好きだったんです、観葉植物。実家では一時期、自分の部屋で20鉢くらい育てていました。窓際に置いた机の上に棚を設置して、ずらーっと。ナウシカの地下ルームが憧れ。大した知識もなく、それでもワイルドにわさわさ成長していく植物たちを見るのが好きでした。1人暮らしになってからも、結婚してからも地味に育てていました。

 

でも、出産してから全く手がつかなくなりました。そりゃそうだ、違うものを育てるのに必死なんだから。しかも日当たりのいいリビングから撤去したため(理由:赤子にいじられて危険)、更に元気がなくなってしまう事態に……。しかも夫が設置した場所が階段の踊り場。これでは地震の時に逃げられないではないか……。

 

そういう訳で枯れてしまったパキラ・モンステラエバーフレッシュの御三方。

 

 

 

***

 

枯れてしまっているのは、気づいていたのです。でも処分しづらかった。理由は4年以上いたことと、やっぱり「生きているもの」い対しての罪悪感でしょうか。

 

いや、何より、土の処分が面倒なことが原因……!

 

土って、自治体によって違うんですが、基本的に回収がないんですよね。私の住む地域では、可燃ごみ不燃ごみ・資源ごみのいずれにも当てはまらず、回収がありません。我が家には庭もないし、公園や土手に勝手に捨てる訳にもいかないし……ホームセンターで新しく植物買う予定もしばらくないし……。

 

 

 

***

 

土問題は一旦置いておき、とりあえず葉・枝・根っこを処分することにしました。ハサミで適当な大きさにカットし、根っこを抜き、できるだけ土を払います。これで可燃ごみで出せます。

 

「枯れた観葉植物は運気を下げる」とはよく聞く話ですが、「それを捨てることで運気を上げる」とも言うそうです。ポジティブな受け取り方ですね。今まで有難う、最後まで育て上げられなくてごめんね。今はそんな気持ちです。

 

今後しばらくは新しいものに手を出さず、出産&育児が落ち着いた頃(っていつだろう)に余裕があればまた新しい子を迎えようかなと思います。土の処分の面倒さを考えれば水耕栽培で十分な気もしますしね。

 

 

 

***

 

4年以上育ててしまうと、やっぱり地味に思い出があって。でも本当に、先日お洋服の処分の話でも書いた通り、罪悪感を感じているのなら、向かい合うタイミングなんですよね。我が家のモヤモヤの半分くらいはこれな気がする。

 

このモヤモヤに対峙して、自分の中で落としどころを見つけて、退治する。このプロセスを大切にしていきたい。そしてそれを忘れないために、今日もブログ記事を更新していこうと思います。読んで下さった皆さん、お付き合いいただき有難うございます。