おうちのモヤモヤ退治

おうちのモヤモヤ退治

余白がほしい

ハードル高すぎな「大人の女性は、疲れていないことが美しさの基本」の話。

タイトルはハードル高すぎて思わず狼狽えたフレーズ。これは横田真由子著『本当に必要なことはすべて「ひとりの時間」が教えてくれる』に出てきたフレーズです。『本当に必要なものはすべて「小さなバッグ」が教えてくれる』の筆者ですね。シリーズかな?

さて「大人の女性は、疲れていないことが美しさの基本」とのことですが……うーん、ダメだだいたい疲れてるわ。喧嘩が絶えない娘たち、ごはんを食べない娘たち、頼んだことをど忘れし続ける夫、毎日増殖する洗濯物に畳に描かれた落書き、時間内でなかなか終わらない業務……疲れる要素しかないじゃないか!

ネモフィラルピナスビオラ、ムルチコーレ、ネメシア。花はいつだって綺麗である。)

***

まぁ疲れるのは致し方ない。毎日一生懸命生きてるって事ですからね。問題は他人から見て「疲れている人に見える」ことです。

疲れている人に見えないようにするには、見た目の整えることが筆頭でしょう。よれよれしわしわ服や汚れた靴、剥がれたネイル、パサパサの髪なんかはやっぱり疲れて見えますものね。整える余裕がないように見えるからです。

でも手軽なとこでは睡眠。というか睡眠。クマがあるだけで、だるそうにしているだけで疲れが見える。なにより睡眠不足のイライラ不機嫌は美しくない。

という訳でちょっとでも睡眠不足にならないよう、意識的に寝る時間を30分早めようと思います。睡眠不足のワーママにならないように気をつけなくちゃ。