おうちのモヤモヤ退治

おうちのモヤモヤ退治

余白がほしい

ベーシックカラーが似合わなすぎてパーソナルカラーを思い知った話。

先日ほぼ10年ぶりにスーツを新調しました!内勤だけれどゆるゆるなオフィスカジュアルなので全然着ていなかったのですが、去年辺りから来客対応(しかも銀行とか証券会社)が増えてきたため、思い切って購入に至りました。


白とかグリーンとかのノーカラーでカジュアルなのもいいな〜と思っていたのですが、この辺りって結構着丈が長めなリラックスな雰囲気なものが多くて。小柄な私にはちょっとバランスが微妙な気がして却下しました。そうなると選択肢はベーシックカラーのスーツになります。黒、ネイビー、茶色、ベージュ、グレー。


は好きだけれど、リクルートっぽくなったら嫌だから却下。茶色はちょっと重い雰囲気になると嫌だなぁ……。


そこで候補に挙げたのがネイビーです。普段着ない色だけど、爽やかな感じもする万能カラー。使い勝手も良さそう。ネイビーのスーツ着てた後輩可愛かったしね。というわけで揚々と試着室で上下着てみました。すると、


驚くほど似合わない……。


え?何々?すごく似合わない!スーツ全く似合わない!なんかスーツだけぱりっとして私と全くマッチしてない!私の顔ぼやぼやで髪色(※黒髪に一部インナーにアッシュ)ともチグハグ!うえええ、こんなふざけた髪色でスーツ着るなよ社会人としての心得がない的なことなのか???えええ???


あまりの衝撃に立ちくらみしつつ、しょげました。すごく似合わないってやばくない?ダメだ他の店を探そう……。でもせっかくだし他のも試着だけでもしてみようとなんとか思い留まりました。


次に手に取ったのはベージュに細かく茶色の千鳥柄の入ったスーツです。できるキャリアウーマンみたいな雰囲気が漂い、キャリアないウーマンとしては似合わなそうなスーツでした。まぁ色合わせだけでもと思い試着。すると、


すごく似合ったのです。


スーツだけが浮かず、ちゃんと私の顔がありました。髪色も弾かずにマッチし、仕事ができるかはさておきそれっぽい雰囲気がちゃんとありました。というわけで即決してお出迎えしました。そう、スーツが似合わないのではなく、ネイビーが似合わなかったのです。

(グレーにも見えるけど茶の千鳥格子


***


パーソナルカラー、という概念がありますね。春夏秋冬に例え、肌色や瞳の色、髪色なんかでジャッジし、似合う色やトーンを教えてくれるものです。私はプロの診断を受けたことはありませんが、なんとなく経験則から秋(イエベのオータム)かなぁと思っています。


でも私の好きな黒や鮮やかな色は冬(ウィンター)に似合うとされているものが多く、パーソナルカラーで判断すると悲しくなってしまうのであまり考えないようにしていました。事実ほぼ毎日黒着てるし。


今回劇的に似合わなかったネイビーは、冬です。そして似合ったベージュや茶色は、秋です。はい、パーソナルカラー診断通りですね。「ベーシックカラーは誰にでも似合う♪」な訳ではありませんでした。スーツは襟も生地もしっかりしているので、尚更強調されたのかもしれません。


勿論、顔から離れているボトムスや小物で使うにはありなのでしょう。パーソナルカラーに振り回されて好きな色を回避する必要は全くありません。ただトップスはベーシックカラーといえどちゃんと鏡で合わせてから決めた方がいい。本当にその事を痛感したスーツ選びでした。