風通しのいいお家づくり

風通しのいいお家づくり

こだわりが強いわりにめんどくさがりな人間のお家づくり。

ファッション考察③ 迷わない自分のファッションスタイルを考える

今回は「朝迷わないクローゼット作り」をするにはどうすればいいのか、ちょっと考えてみます。

f:id:itgreco:20181001111335j:plain

(旧我が家の写真)

 

「迷わない」というのは「1つ決めたらもう1つがスムーズに決まる」という状況。選択肢が多かれ少なかれ、ですね。

 

この「組み合わせに困らない」ようにするためには、どこかに制約をかける(というと表現がネガティブですが)といいと思います。

 

 

案① 服の数を減らす

そもそもの今の服の数を減らすのが近道です。選択肢が減れば、それしか着るものがないので悩むことがなくなります。断捨離というか、ミニマリスト的な考え方ですね。

 

案② 服の色を決める

合わせやすい色の服だけを揃えると、色合わせに悩むことがなくなります。「黒・白・紺・グレー」や「白・ベージュ・カーキ」「グレー・薄ピンク・白」とか?

 

案③ 服のテイストを揃える

カジュアル、きれい目、モード、等々、色々手を出さずにテイストは揃えておいた方が組み合わせに悩みにくいです。自分のキャラクターと合わせるのも大切ですしね。

 

案④ 俗にいうベーシックアイテムだけにする

もうクローゼットが迷子なのよ!っていう人は、永遠のベーシックアイテム?で揃えちゃうのも手です。ボーダーカットソー、トレンチコート、ストレートデニム、等。「これだけあれば大丈夫」なファッション本をお手本にする方法です。

 

案⑤ 服のシルエットを揃える

A、I、Y、X。自分に似合うシルエットがどれなのか、むしろ似合わないシルエットがどれなのかを頭に入れておくと失敗が格段に減ると思います。私の場合はAとXはいいけれども、IとYは破滅的に似合いません。あとはタイトとかルーズとかね。

 

案⑥ アイテムごとにルールを決める

最近私が考えているのはこれです。「トップスは無地でベーシックでタイトなもの、スカートはカラフルでも柄ものでも何でもあり」と決めています。朝はまずスカートを選び、次にトップス。基本なんでも合うのであまり迷いません。こうすると、その日の気分に合わせて選べるので楽しいです。

 

 

服を減らす以外にも、迷わないクローゼット作り方ってあるんじゃないかなぁと。最近そんなことを考えてクローゼットと向き合っています。

ファッション考察② 自分のファッションスタイルを、失敗服の特徴から探ってみる

引き続き、ファッションについて。

今回は過去の失敗について、細かいところを考察します。細かいところって意識しづらいけど、なんとなく着ないに繋がるので。もうこれ以上失敗しないように洗い出してみます。

 

f:id:itgreco:20190208172342j:plain

 


①洗濯機で洗えるかどうか

洗濯機で洗えないと、着る頻度が格段に下がります。洗濯表示のチェックはマストです(と自分に言い聞かせる)。

 

以前は「家で洗えるかどうか」が基準だったのですが、手洗いものはどこかで躊躇してガンガン着れていなかった気がします。

「凄いお気に入りだからそれでもいい!」と思ってましたが、登場回数は1シーズン2回くらいだったような。面倒くさがりなんです。

 

ドライクリーニングマークが付いているものは、むしろ値段が安い服の方が買っていました。「まぁこの値段なら洗濯機で失敗してもいいか」と。ただいざ洗濯となると怖がって洗濯機に入れられず。じゃあ手洗い?とも思うのですが、手洗いについては上記の通りでした。

 

普段着については洗濯機でガラガラ回せるものの方が気軽に着られてよいですね。

 

②皺になりづらい素材かどうか

特にスカートやワンピース。引き出しに畳んでしまうものだと皺がつく素材があります。意外にウールとか。

 

私の家の収納は場所の都合上、クローゼットの位置と引き出しの位置が離れています。なのでクローゼットにスカートやワンピースをかけてしまうと、普段着をしまってある引き出しから遠く、選びづらいんですよね。コートや上着に関してはクローゼットでいいけれど、その下に着る服は全て引き出しで完結したい。というわけで畳み皺がつかない服の方が稼働率が高まります。

 

あと、できればアイロンをかけたくない……。ズボラだから……。

 

③首回りと袖周りの縫製がしっかりしているかどうか

安い洋服には、端の始末がロックミシンだけで終わっているものがあります。特にファストファッション系のブランド。これだとロックミシンの終わりの糸がびよんとほつれることもありますし……人に見られるのも嫌。裾はしまっちゃえば分からないんですけどね。

 

④ スカートやワンピースに裏地がついているかどうか

意外と1枚布が多いです。よくよく確認しないと透けちゃうのがあるんですよね。ペチコート等のアンダーを履けばいいのですが、それでもスカートの丈と違うとちょっとテンションが下がる。動くとずれちゃいますしね。

 

 

なんとなく気に入らない時って、なんとなくではない理由があるんですよね。経験値として、次には失敗しないようにしていこうと思います。

 

ファッション考察① 自分のファッションスタイルを、普段のコーディネートから探ってみる

「風通しのいいお家」というのは「モノが稼働している状態」です。

 

忘れ去られていたり、使われていなかったり。ずっと動いていないモノは、埃もかぶるし、他のモノとぎゅうぎゅうに密着してしまわれていたらそこには風も通りません。100%はまだまだ無理ですが、できるだけモノを稼働している状態にしておきたいと思っています。

 

さて服について、ちょいちょい考えてみます。

f:id:itgreco:20190208100902j:plain

 

 

①ファッション本に書いてあるマストハブは、必ずしもマストハブではない。

スタイリストさんが書くファッション本には、よく「このアイテムがあれば大丈夫!」という「永遠の定番アイテム」が書いてあります。あれやこれや買って悩んでいる人からすると「これさえあればOK」は安心できるフレーズです。「そっかこれだけあればいいんだ!」

 

でもそのマストハブアイテムは、自分好みで、自分に似合うアイテムでしょうか?例えばTHE・定番といえば、ボーダーTシャツ、デニムパンツ(というかパンツ)、トレンチコート。私は持っていません。(あ、ドレストレンチコートは持ってる。)理由は単純に似合わないからです。

 

②自分自身のキャラクターイメージから外れたアイテムはどれだけ定番でもやめておく

デニムパンツは以前履いてみたのです。EDWINだかLEEだか。結果友人から「……え、何どうしたの?」と戸惑われて終わりました。「おはよう」の挨拶を返すよりも早い「どうしたの?」でした(笑)カジュアルな印象のアイテムは私のキャラクターには合わないそうです。同じ理由でカジュアルなTシャツも、スウェットパーカーもアウトです。

 

その定番アイテムが自分の定番にならなそうなら、フィットしないなら、選択する必要はないと思います。

 

③普段のコーディネートを観察する

「いつも同じような服を着てしまう」というのは、それが「なんらかの理由」で自分にフィットしているからです。その「なんらかの理由」の共通点が分かると、「服を買ったけど失敗した」がなくなって自分の稼働服を増やせるんじゃないかと思います。

 

というわけで観察。携帯の写真を見返してみたら、私の場合は通年9割方こんな感じでした。

・ぴったりしたニットのカーディガン

・襟付きブラウス / ぴったりしたニット / レーストップス / とりあえず薄めの生地

・A or Xラインのワンピース(膝丈)

・ギャザー or フレアのスカート(丈問わず)

・とにかくタイツ

・首に何か巻いている(ストール / マフラー)

 

全体的にトップスはタイトで薄手のものを重ね着、ボトムスにボリュームを持たせてAラインかXラインにしているようです。

 

たまにこの範囲から外れている服もありましたが、その服は今のクローゼットにいません。稼働しづらいと判断してお別れしたみたいです。

 

 

 

自分のファッション(稼働)スタイルが分かると、失敗を減らせます。まずは過去の服装を観察してみることから始めてみるといいんじゃないでしょうか。

カタログギフトとプレゼントについて、最近感じたこと

誰もが一度は貰ったことがあるであろうカタログギフト。複数人に送る贈り物の場合は定番なのではないでしょうか?それぞれの相手に合わせて選ぶ必要がなく、貰い手が自分が欲しいものを選べばいいシステムです。最初にそのシステムを知った時は、一種の感動すら覚えた気すらします。日本ではここ30年間くらいなのかな?

 

カタログギフトとは、贈り物において、受け取った側がカタログの中の任意の物品を選べるシステムの形態である。1987年シャディが最初に取り扱い始めたとされる[要出典]

カタログギフト - Wikipedia

 

私も結婚式の引き出物はカタログギフトにしました。参列者の方々に、当日重い荷物を持ち帰らせるのも申し訳ないし、やはり数が多かったので一括で。

 

自分が持ちモノを減らしていくと、要らないモノはまず家に入れないようにしたい!という願望が強まります。そういう意味でもカタログギフトはベストなんだと思っていました。ミニマリストの夫もカタログギフトは大好きだと言っています。

f:id:itgreco:20190131191124j:plain

 

そんな私の考えをちょこっと変える出来事がありました。出産祝いとその内祝い(お返し)です。

 

「内祝いは半返しが基本」とどの情報にも書いてあったため、私は貰った出産祝いについて、値段を片っ端から調べていました(結構すごい行為ですよね笑)。そして都度、内祝い特集のカタログをめくりまくり、予算に見合ったお返しを決めていきます。貰ったものの金額もかなりばらばらなので、一括で品物を決められず、個別に選ぶことになりました。

 

個別に選ぶのは正直大変でした。

「会社の部署へのお返しは、個数が足りるようなお菓子がいいかな」「この先輩はあまり甘過ぎない食べ物」「ダイエットしている人だからお菓子はダメ……というか実家暮らしだから食べ物はダメ……ヘアケア商品がいいかな」「大学教授だから、名前が通った会社の食品がいいかな」「デザイナー職だからパッケージデザインがいいものにしよう」「新婚家庭だから出汁とかいいかな」「男の一人暮らしだから簡単に食べられる食品がいいかな」「忙しい共働き家庭でお酒好きだから、ちょっとお腹にたまるつまみにしよう」「料理好きだから調味料がいいかな」「あまりタオルとかあれだけど、よさこいやってる人だから肌触りいいタオルは喜ぶかもしれない」……etc.

 

普段あまりモノをプレゼントしない私。頭をフル回転させ、自分の中でのベストな品物を必死に考えました。結構時間かかりました。

 

と同時に、当たり前のことに気づきました。人にプレゼントを贈る行為、選ぶ行為ってなんて尊いんだろう、と。

f:id:itgreco:20181008150101j:plain

その人の趣味や好み、生活環境なんかにも思いを寄せて。「あれ、私意外にこの人のこと知らなかった?」なんてちょっぴり反省もしつつ、その人にとっての貰って嬉しいを考える。

 

貰った人からのお礼の連絡で、またその人の好みを知る。ちょうどいいもの?を贈れた時には特に会話が弾む。オーダーメイドの感覚。このやり取りが、私にとってとても嬉しかったんですよね。

 

 

カタログギフトはとても便利です。間違うリスクも少ないし。ただカタログギフトって貰い慣れると、ちょっと不謹慎な言い方だけれど、本当に貰い慣れてしまう。選ぶ手間も、発注の手間もかかる。実家なんかはよく未発注のカタログギフトがあって、「好きなの選んでいいわよ」くらいになっています。多分面倒になってきているんだと思われます。届いた時の開封のわくわくも減る。

 

個別に選ぶのとカタログギフト。それぞれにそれぞれの良さがある。そんなことを感じたりした内祝いでした。