風通しのいいお家づくり

風通しのいいお家づくり

こだわりが強いわりにめんどくさがりな人間のお家づくり。

『ズバ抜けて頭がいい人の「本棚」は何が違うのか』を読んで、本棚の新陳代謝について考える

ミニマムな生き方を考えた時、本好き人間がぶち当たる壁があります。それは所有している本を手放せない問題です。これってかなり大きな壁です。女性が「服を捨てられない〜」どころじゃない難易度の高さです。

 

本好きが考える、本を手放せない理由を考えてみます。

・中身が劣化しにくい(情報やトレンドものは別)

・何かあった時にすぐに見れるように手元に置いておきたい

・本を「捨てる」という発想は全くないし、なんか嫌

・本を「捨てる」=「ガラクタ」であり、自分を否定されてるように感じる

・本棚に並んでいるのを見るのが好き(コレクションに近い)

・本棚に並んでいるのを見ると自分の歴史のようなものを感じ、博識に感じる

・本を売った時の買取値にショックを受けそうで怖い

 

こんな感じでしょうか?

私自身も、本好きな父親に育てられ、幼少期から連れて行ってもらえる場所はブックオフみたいな生活をしていたため、本は増える一方です。引っ越しのタイミングでちょいちょい売りに行ったりはしましたが、「減るペース<増えるペース」なので、結局は増えちゃうんですよね。

 

今回は成毛眞『ズバ抜けて頭がいい人の「本棚」は何が違うのか』を読んでみました。

著者の成毛さんは日本マイクロソフト代表取締役を務めた方だそう(すみません知らずに買いました)。ちなみにタイトルの「ズバ抜けて頭がいい人」というのは成毛さんのことです(笑)著名な方々の本棚の話ではありません。もともと2014年に出版したハードカバーの『本棚にもルールがある』を文庫化したのが当本です。

 

一般的な整理収納の本だと、「最近読んだ本を右側に移し、左側にある本は読んでいない本だから処分対象」だとか、「コレクションという概念を捨てる」とか、「本棚(収納スペース)に入らない本は捨てる」とか買いてありますよね。ただこれって正直、割と否定されてる感が強いというか……読書好きの人に向かって一概に「処分しろ」というのはかなり危険です。「本を読まない君に何がわかる!」と心は硬くなる一方です。

 

その点、当本は年に200冊は読書する読書家の成毛さんが書いているため、第一関門はクリアです。前書きにこんな文があります。

しかし、私は本好きである。メンテナンスをしなければただただ増えていく本の中で暮らす運命の下に生まれたようなものだ。であれば、その運命を受け入れて、かつ、増えていく本に翻弄されることなく、こちらからコントロースする術を身につける必要がある。 

 

また「気になった本は片っ端から買うべきだ」とも書いており、 そう、そうなんですよね!という気分にさせてくれます。「本が好きだ」「新しく本を買ってもいいんだ」という自分の気持ちを肯定してあげることが大切です。ここでやっと腑に落ちて、「モノが主役ではなく自分が主役」的なところに辿り着けます。

 

さて本著で心にグサッとくることがあります。それは「本棚にも新陳代謝が必要である」ということです。

本棚とは自分の頭の外付けハードディスク。その外付けにゆとりがなかったり、多様性がなかったり、変化がないというのは、自分自身が新しいことを受け入れられなかったり、画一的で成長しない人間だということになってしまいます。これは恐ろしいですね。定点観測してみるとよく分かるとのこと……耳が痛い……。

 

勿論、本当に大切な本だったら手放す必要はありませんが、本棚を新陳代謝させることで自分の知識レベルが上がると言われたら、それはそれでわくわくするような気分になります。目次をざっと見るだけでも面白いので、本好きで、本が手放せないというかたは一度手に取るだけでも楽しいと思いますよ。

顆粒調味料をスライダーバッグに詰め替えてみたら快適だった

 以前、片栗粉をダイソーのケースに詰め替えた記事を書きました。

itgreco2.hatenablog.com

その後とても快適な使い心地だったのです。夫にも大好評。

更に冷蔵庫の中を快適にしてみたくなり、プチストレスの元凶を探すことに。どこだどこだ……そして発見しました。顆粒調味料です。⬇︎この写真の右側部分ですね。

f:id:itgreco:20180923160438j:plain

顆粒コンソメ、顆粒丸鶏ガラ、顆粒本だしの3人兄弟です。あときなこ。ジップ付きだったりジップ無しだったりですが、どれも上部をくるくる巻いてしまってあります。本だしはジップなしだったので、左上を切っている状態。しかもそれを輪ゴムで止めてあります。うーん、あと視覚的にうるさいですね(笑)今回はこれに取り組みました。

 

瓶やプラスチックコンテナに詰め替える、というのが人気の詰め替えのようですね。ただ我が家の冷蔵庫は小さいのです。元々私が一人暮らしだった時から使っている冷蔵庫なもので。おかげで素敵な瓶やコンテナに詰め替えると、収納するスペースがありません。今後もそんな大容量サイズの冷蔵庫・顆粒調味料を買う予定がないので、スマートに収納したいと思います。

 

思い立ったのが、スライダー式のフリーザーバッグ。今回はCanDoのSサイズ袋にしました。本当はもっと小さい袋でよかったんですが、食品グレードじゃなかったので断念。

f:id:itgreco:20180923160512j:plain

こちらの袋に詰め替えてみました。袋からさらさら小出しにするだけでなく、スプーンを入れて使うこともあるため、開けやすいスライダー式をチョイスしました。

詰め替え後、マスキングテープでラベリングしました。半分に折って冷蔵庫の扉ポケットに入れることにするので、その時に見やすい位置に貼っています。

f:id:itgreco:20180923160544j:plain

……残りちょっとですね(笑)瓶やコンテナに詰めると一番大容量のサイズに合わせることになります。伸縮できないですからね。

 

詰め替えたものをしまってみました。after画像です。

f:id:itgreco:20180923160624j:plain

おぉ、スマート!きなこも先日の片栗粉同様に詰め替えたため、とてもいい感じです。もし今後に他の顆粒だしを購入してもそんなにスペース増えないですしね。視覚的にもうるさくないので満足です。

 

詰め替えた後に夫に確認しましたが、使い心地も含めて好評でした。個人的にこれは凄く大切なポイント。自己満足の詰め替えだと、夫が料理やってくれなくなりますからね……昆布つゆのラベルもできるなら剥がしたいけど、ダメらしいので我慢しています(笑)

手持ちの靴を把握する

今自分は何足の靴を持っているか。1、2、3……数えてみました。

 

靴が何足あるかは服の枚数よりは把握しやすいです。靴箱はしまえる足数が限られていますからね。「靴を2倍収納できる!」とかのグッズもありますが、出し入れはスムーズじゃないし、詰め込みすぎると風通しも悪くなるので、できるだけ数は絞れた方がいいのかなーと。

 

よくミニマリストの方々が自分の靴の個数をネットに上げています。個人的にそういう記事を見ていて楽しいので、自分もやってみることにしました(笑)

人によっては仕事で服装指定があると思うので必要数・適正数は変わって来ますが、私の場合はこんな感じです。

・仕事はオフィスワークでゆるめのオフィスカジュアル

・現在産休中(いつか復職予定)

・29歳女性

 

さて並べてみました。ばばん!計8足です。

 f:id:itgreco:20180921125249j:plain

 <上段左→右>

①長靴(激しい雨の日用。日本野鳥の会

②革ゴアテックブーツ(秋冬。チャンキーヒール。Camper)

③革ベルトシューズ(春夏秋。ローヒール。Camper)

④革ミュール(春夏秋。チャンキーヒール。Camper)

<下段左→右>

⑤スニーカー(通年。Saucony)

⑥スニーカー(春夏秋。Reebok

⑦布パンプス(通年。ウェッジヒール。ノーブランド)

⑧エナメルパンプス(通年。ややピンヒール。POOLSIDE)

 

しかし黒が多いですね。黒だと革のお手入れグッズも黒だけでいいし、ヒールの修繕も簡単な場合が多いので楽です。

 

①の長靴は、えぇ、本当はあまりシチュエーションが絞られる専用モノはよくないって重々承知なんですけど、買っちゃいました。超可愛い。ゴムなので正直蒸れるんですが、いいんです、見る度にきゅんきゅんときめくからいいんです。

 

②〜④はCamper(カンペール)の靴です。今まで1足3,000円位の安い靴をよく買っていましたが、Camperに出逢ってからは「もう他では買わない」と決めました。決めるとお買い物も楽ちんです。デザインもいいし、履き心地も良い、お手入れも楽しい。

 

⑤⑥はスニーカーです。ちなみに⑥は妊娠5ヶ月目にウォーキング用に買いました。夏頃だったのもあるんですが、体温が高いから更に暑いし、浮腫みもひどいので、アッパー素材がニット調のスニーカーはかなり重宝しています。

 

⑦は冠婚葬祭用です。妊娠してから結婚式への出席があったので、今まで履いてたきらきらしたピンヒールパンプスにお別れをしてこちらを購入。ウェッジソールなのでローヒールばりに安定します。飾りは別に買ったシュークリップで外せます。葬儀にも対応。

 

⑧はオフィス用です。デスク下に置いておいて、お客さんが来たタイミングで履き替えてました。私は足の形が特殊(幅広だけど甲が低い)で身長が低いので、プラットフォームでストラップ付きのパンプスに限っています。産休に入る入るタイミングで他のパンプスは断捨離しました。

 

自分の中でルールを決めたら、むやみやたらに靴も増えないし、大切に履くようになったのでかなり快適です。出し入れスムーズだし。

 

ただ真冬に履く暖かい靴が②だけなので、今季は1足追加購入予定。②はハイペースで履いてたのでちょっと休ませてあげたいなと思っています。ゴアテックは蒸れもないので、気を抜くと連日で履いちゃうんですよね……出産後に浮腫み解消してからかしら……。

 

 

ちなみに8足と書きましたが、正確にはあと4足あります。全て下駄です。どうにも下駄が好きなんですよね。こちらはもうコレクションと思っていますし、減らす予定もないのでノーカウントで行きます(笑)その代わりに他の靴は少なめということでバランスをとります。

読書のススメ。新しい視点を手に入れる。

本はお好きですか?

f:id:itgreco:20180921112954j:plain

私は読書が好きです。バッグの中には1冊入っていないと落ち着かない。本屋に行くと3〜4冊まとめ買いです。飲み会の帰りに本屋に立ち寄って、朝起きるとすっからかんの財布と床に積まれた本……という生活を何度繰り返したことか……(※当時住んでいた家の最寄駅のあゆみBooksが0:30までやっていて、しかもいい品揃えだった)。

 

私が好きなのは、今までになかった視点をくれる本。

 

例えば「家の片付け」カテゴリーでもキーワードを拾えば色々です。本屋の書棚に並ぶラインナップを見ると、人気なのは「収納」「丁寧な暮らし」「楽な暮らし」「人気ブロガー&インスタグラマー」「インテリア」「断捨離」「ミニマリスト」といった辺りでしょうか?

 

ただこれに違う視点を入れると、家づくりが一気に面白みを持ちます。「家事シェア」「子育て」「健康」「老後」「終活」「本棚の回転」「防災」などなど。こういうのはブログやSNSでも触れることはできますが、1冊その本とじっくり向き合った方が身につくように感じています。そんな本に出逢えた時は本当に嬉しい!

 

 

ちなみに。作家の北方謙三は著書『試みの地平線』の中で、「死にたくなったら本を50冊読め」と書いています。

K・A君よ、約束してくれないか。本を五十冊読む、と。小説が嫌ならノンフィクションでも科学でも歴史でもいいから、とにかく五十冊読むまでは死ぬな。五十冊読んでみて、それでも死にたいと思ったら、また手紙をくれ。もう一度、話そうじゃないか。

 昔、ミュージシャンの大槻ケンヂがこれをもじって「死にたくなったら本を100冊読め」と書いていました。本を読むのは人との出逢い。知らない人に出逢って話を聞くのは難しいけれど、知らない本に出逢うのは難しくない。

 

自分の世界を広げてくれる読書。風通しのいいお家づくりにも活かしていきたいと思います。