おうちのモヤモヤ退治

おうちのモヤモヤ退治

家の中のもやもやをなくす為に邁進するブログ

産後うつに片足を突っ込んだ話⑥

今回でようやく最終回になります。やっとやっと沼から抜け出しました!

f:id:itgreco:20210506111051j:plain

 
27.レキソタンで謎の……?

どきどきしながらレキソタンを服用した私。スパッと作用がなくなると聞いて若干不安な部分もありましたが……違う結果になりました。なぜか下着(ショーツ)が汚れたのです。

 

なんというか、茶色っぽいおりもとがついた感じ。おっと生理が始まるのか?と思っても始まらない。飲むのを止めたらなくなる。また飲んだら茶色。なぜ?

 

いくら検索しても当てはまるものはありませんでした。太るとか出てくるんだけれど……ホルモンバランス……?私だけ……?

 

なんとなく悪い方に作用していたら嫌だなぁと思って、飲むのを控えていました。まぁお守り程度って言われていたし。とにかくこの頃も寝ること休むことを意識していましたが、以前よりも調子がよくなっていました。復職して日が経ち、自分のペースが掴めてきたのもあったと思います。うん、私薬なくていける。というか、心療内科に通院しなくてもいい気がする。よし、卒業しよう!

 

28.先生と馬が合わない

どうしようもない見出しですが、タイプが合わない先生でした。自分が本当に落ち込んでいる時はちょっと引っかかる程度だったのですが、元気になってくると、まぁ気になる。なんかもはやイライラしてくる(笑) 「いやそうじゃない」「なぜそうなる」みたいな突っ込みの嵐。レキソタンについて相談しても産婦人科に聞いてで終わる。違う、そうじゃない、そうじゃない……。

 

これは最終的に思ったことですが、本当に先生との相性って大事。これは通院してみるまでは分からないので難しいですが……。私は基本的に「診療内科に通院している」という事実と、薬が欲しい気持ちが強かったので、「まぁ、うん」で済んだのですが、もっと先生との話の中で解決したい気持ちが強い人は、合わないと思ったらすぐに病院を変えることをお勧めします。

 

まぁ心療内科って初診が高いんですけれどね。5,000円以上するから、違う病院に変えるのに躊躇してしまう。しかも予約すぐにとれないし……。

 

29.そして卒業

結局一度「とりあえずお薬なしで様子を見て、5週間後にまた来てね」となり、8月初旬の通院を持ってやっとこさ卒業しました。「何かあったらまた来てね」と言われましたが、うん、何かあったら違う病院にしよう。

 

産後うつに片足を突っ込んでから4か月。実際に沼に入っていたのは2か月程度でしたが辛かったです。本当に産後鬱になると数年単位で治療が必要になることもあるようですし、育児も並行してやるとか想像を絶します。可愛い赤ちゃんの時期に真っ暗な世界にいるのは、本当に振り返っても悲しいだろうなぁ……私は早めに病院に行って、早めに回復できてよかったです。

 

30.さいごに

心療内科を卒業してから、リアルタイムではそろそろ2か月が過ぎようとしています。大分心は落ち着き、穏やかな日々を過ごして、はいません。2人育てながら穏やかな日々なんてむり。今も『反応しない練習』を読んで、どうやったら穏やかに生きられるのかを考えながら生きています。どうしようもないな!

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

 

それだけ育児は大変。イヤイヤ期の2歳児は大変!未だにいちこに対してイライラすることは多々あります。正直、可愛く思えない時も沢山あります。そんな自分に自己嫌悪することも、いっぱいあります。まぁいつか、落ち着ける日が来るかな。

 

もし、あのつらかった頃の自分に何か言えるなら……なんだろう。

 

「とにかく寝て、純粋に好きな事をして。自分がやれていないことにフォーカスしすぎず、無理に自分の価値を作ろうと焦って躍起にならないで大丈夫。産後しばらく、半年どころじゃなく、赤子が一人で大人と同じご飯食べられるようになるまで位は、毎日なんとか過ごすだけで、頑張って生きているんだから。」

 

……こんな感じの事を、伝えてあげたいな。伝わるかな、伝わるといいな。

 

産後うつに片足を突っ込んだ話』シリーズを書いてみました。今回このシリーズを書いたのは、以前の母乳の話と同じく、他にあまり書いているブログを見つけられなかったからです。本当に産後鬱で闘病されている人のブログは多いんですけれど、片足を突っ込んだ「抑うつ状態」の人のブログは、あまり見つからなかったです。

 

もし悩んでいる人が、検索か何かでこのブログを読んでくれて、何かの力になれば嬉しいなぁ。力になんてなれなくても、「こういう人もいるんだ」位に思って、ちょっとでも肩の力を抜くきっかけになることを祈っています。

「誰から貰ったのか、忘れた」にびっくりした話。

「これを買ったのはどこのお店で」とか。「一緒にいた人は誰で」とか。「その時にこれと違うので悩んだけれど、こういう理由でこっちにした」とか。「お店の帰り道にこういう家があって、それを見てこう思った」とか。

 

そういう、割とどうでもいいようなエピソードを延々を忘れずにいます。変なところに海馬が働いている。大切な事は忘れちゃうんですけれどね。夫は対照的で、そういうのを全て忘れるタイプです。別に困らないしね。

 

 

***

 

先日夫のクローゼットから香水が発掘されまして。

シャネル アリュールオムスポーツコローニュスポーツスプレー 50ml

(シャネルやん!スーツの男性がつけていそうな香りでした。)

多分大学生の頃に貰った、と言いました。「私と会う前に付き合ってた彼女から貰ったやつ?」「いや友達じゃないかな」「いやいや、普通友達に香水プレゼントしないって」「えー、いやその彼女ではない」「じゃあその前に付き合ってた女の子とか?」「うーん、忘れた」

 

忘れた? 香水を、誰から貰ったのか、忘れた?

 

照れ隠しかと思ったので、後日改めて「彼女かどうかとかじゃなくて、誰から貰ったかのか本当に覚えてないの?」と聞いたら「本当に覚えてない」と宣いました。

 

えー?

 

 

***

 

冒頭にも書いた通り、私はそういうのを忘れないタイプです。モノを見ると、勝手にエピソードが出てきちゃう。いつ、誰から、どこで貰って、その時相手がどんな話をしていたかまで。もはやストーリーですね。

 

だから、捨てるのに躊躇してしまう。

 

でも夫には、たぶんそういうストーリーがない。勿論貰った瞬間やしばらくは覚えてるだろうけれど、時が経てば忘れる。ストーリーがなければ、執着も罪悪感も何もないから処分しやすい。

 

よくプレゼントは貰ったタイミングが最大価値だと言うけれど、それをナチュラルにやってるのが夫なんだろうなぁと思います。羨ましいような、あんまり羨ましくないような……。

 

 

***

 

私自身は、まぁ今のままでいいや。ただ思い出はさておき、モノ自体に純粋に向き合って要不要をジャッジできるようにしていきたいです。

 

親から貰ったものを、昔とは違う理由で処分しづらくなってきたし、子供のものなんてストーリーの塊でしかない。これから特にそういうのが増えていくと思うのです。

 

でも、生活が圧迫されるのならば。自分にとっての優先順位を大切に。モノにも自分の人生にも向き合っていきたいと思うのでした。いやー、しかし本当に夫にはびっくりしました。

頂きものを使い切った時に悩むこと。

美容室で貰ったヘアオイルを使い切りました。

m-moulin.jp

スタンプが貯まったそうで、去年の10月某日(にいこ出産前日)に貰いました。超絶いい香りで、凄く癒されました……産後って髪の毛パッサパサになるからタイムリーで有難かったです。

 

使い続けて10ヵ月で使い切りました。さて、新しくヘアオイルを買う?それとも買わないで、所持品をマイナス1する?

 

 

***

 

入替は1 out, 1 in。プラスマイナス0ですね。使い切って処分し、買い入れなければ1 out。マイナス1になります。

 

このマイナス1って結構自分の中で大切で。総量が減りますからね。マイナス1すれば、引き出しの中にスペースができます。ちょっとすっきりします。少ないモノで暮らす生活に、一歩近づきます。

 

でも髪はパサついちゃうかもしれない。他にバームやスタイリング用のヘアオイルは持っているのだけれど、ドライヤー前に使うオイル好きなんだよなぁ……悩みどころです。

 

 

***

 

頂きもの。ちょっと前だと、旅行のお土産等でよく美容グッズを頂きました。フェイスパック、ハンドクリーム、ちょっと涼しくなるボディースプレー、バスソルト。他にも茶葉の紅茶とか。こういうグッズって、普段自分で買うのよりはちょっと贅沢で、そしてなんなら普段買わないものであることが多い。

 

普段買わないということは、基本的には無くても平気なものです。明らかに 1 inです。でも1回使い切りでないものだと、今回だと10ヵ月も生活を共にしてしまったアイテムです。今後の生活に要るのか、それとも要らないのか。頂きものを使い切った時に、いつも悩んでいます。うーん。

 

今回はとりあえず買い替えなしにして、代理でハンドクリームでも塗っておこうかな(適当)。バームとスタイリング用のヘアオイルが使い終わったら考えます。

 

***

 

それにしても。普段買わないものを貰って、最後まで使い切れた自分をまず褒めてあげようと思います(笑)。昔はね、全然使い切れなかったのです。なぜか勿体ない!ってとっておいて、そして古くしてしまっていた。

 

頂きものを、気持ちが嬉しいうちに、フレッシュなうちに使う。これって実は大切な事だなぁとしみじみ感じるのでした。

珪藻土のバスマットから乾度良好に乗り換えた話。

念願叶ってバスマットを入替しました!やった!

  

***

 

バスマットは個人的には不要でした。1人暮らしの時は持っていませんでした。身体拭くタオルで足まで拭いてからお風呂出ていたので床は濡れなかったし、「吸収力が必要=分厚くなる=乾きにくい」というイメージがあったので余計に不要でした。

 

しかし夫は絶対に必要だと言う。子供も足を拭いてはくれない。

 

という訳で4年半程、夫が買ってきた珪藻土のバスマットを使っていました。手入れがそこそこ面倒そうだから嫌だと言ったのですが、「僕がやるから大丈夫!」とごり押しされました。

 

確かに最初は一種の感動を覚えた珪藻土バスマットでしたが、次第に不満が募っていきました。手入れをちゃんとしないがために問題が出てきたのです。えぇ手入れをしないのが悪いんです。陰干しし、定期的に紙やすりで削る必要がるのですが、あれだけ豪語したのに夫やらない。私も面倒だからやりたくない……(でもアスベスト入ってたと思うので削らなくてよかったと今は思う)

 

段々吸収力が落ちてくる、汚れが気になる、ついでに臭いも気になる(これはもともとの臭いかも……)。

 

プラス、乳幼児が居るため「転んで頭を打ったらどうしよう」という懸念がありました。土というか石みたいな硬さですもんね。

 

 

その後、珪藻土バスマットを夫が汚したのに掃除せずに放置し、私が激怒。こうして我が家の珪藻土バスマットはその役割を終了したのでした。

 

 

***

 

乗り換えたのはこちら、okaの乾度良好シリーズのバスマットです。

オカ 乾度良好 Dナチュレ バスマット 約45×65cm (ホワイト)

ポイントは、①とにかく速乾 ②洗濯機&乾燥機で回せる ③見た目が怖くない(ちょっと集合体恐怖症なので……)の3点です。

 

このマットはとにかくさらさら!3か月経って少し吸収量が減った気もしますが、それでもびしゃびしゃになりません。生乾きに困らないって素晴らしい。3~4日に1回は洗濯機回してますけれどね。清潔な状態を保てています。毛羽立ちが目立ってきたら買い替えしてもいいかも。

 

ちょっと滑るので、100均の滑り止めシートを下に敷いて使っています。とても快適。満足しています。