風通しのいいお家づくり

風通しのいいお家づくり

こだわりが強いわりにめんどくさがりな人間のお家づくり。

紙パックの粉ミルクは、ゴミもコンパクトにできる

赤ちゃんのミルク、といえば缶ミルク。ドラッグストアでも数社の缶ミルクがラインナップされています。

でも缶ミルクって、800gで大きいし、何より缶ゴミが出ます。新生児はまだまだ飲む量が少ないですが、大きくなった時の消費量を想像しただけで恐怖です。缶である必要ってあるんでしょうか?


探した結果、紙パックの粉ミルクを採用しました。森永のはぐくみ、エコらくパックです。

森永 エコらくパック はじめてセット はぐくみ 400g×2袋

初回に専用のプラスチックケースを買う必要があるものの(すり切りと計量スプーンのため)、以降は詰め替えの紙パックを買えばOK。紙パックは1つ400gなので、台所に置いても場所を取らずにすっきりです(※紙パックは2パック組で販売されています)。


ゴミも燃えるゴミでいけますし、かつコンパクトに畳んで捨てられます。ゴミもすっきり。



産院では明治のほほえみ らくらくキューブを支給されていました。こちらは粉ではなくキューブタイプ。計量不要、こぼす心配なしの便利アイテムです。

【Amazon.co.jp 限定】明治ほほえみ らくらくキューブ 27g×48袋入り (景品付き)

お値段高めなので、残っている分はお出かけ用にとっておく予定。ちなみに20mlずつのキューブにできますが、10ml単位での使用はできません。


産院と違う粉ミルクだと嫌がるかな?とも思いましたが、我が子はそんな心配もなんのそのでゴキュゴキュ飲んでいます。


本当は完全母乳にできれば粉ミルクを買う必要もないのですが……道は遠いようですので、しばらく紙パック式の粉ミルクにお世話になろうと思います。

授乳タイムを劇的に楽にしてくれた3アイテム

新生児は1日に8回、3時間置きに授乳タイムがあります。

出産するまでは「えー夜中もやるの?」位のノリでしたが、いざやり始めると結構辛い。産院で言われた授乳スケジュールを守って目覚まし時計をかけ、そこから調乳、オムツ替え、母乳(吸ってくれないのでギャン泣きの戦い)、哺乳瓶でミルク、哺乳瓶の洗浄と消毒……1人孤独にやってると割と疲れがMAXです。えぇ、疲れています。でもこれ誰もが通る道なんですよね。泣けます。

さて、そんな授乳タイムですが、私が工夫できるのは3箇所です。調乳と、哺乳瓶の洗浄、消毒です。今回そのために導入したアイテムを紹介します。


①調乳を楽にする電気ポット
粉ミルクの調乳は、一度沸騰した70度以上のお湯ですることになっています……なんだ70度って!?

産院ではウォーターサーバーでレバーをひねるだけでした。でも家でやるとなると……ヤカンで沸騰させて、温度が下がるのを待たないといけない……70度を確認……夜中にこれをすることを想像した時、退院直前の私は半ばパニックになりました。自分の母親世代が普通にやっていたと思うと頭が下がります。

勿論ベビー用品で調乳ポット、70度ウォーマーみたいな商品もあるのですが、長く使えるモノの方がいいと思い電気ポットを購入。タイガー魔法瓶のとく子さんです。

タイガー 魔法瓶 電気 ポット 2.2L ホワイト 蒸気レス 節電 VE 保温 とく子さん PIJ-A220-W Tiger

2.2Lサイズ。直線のスタイリッシュなデザインです。夫の許可のもとシルバーをチョイス。


この電気ポットがすごいのは3点。沸騰後の保温温度を70度に設定できることと、お湯の出方を多い少ないの2パターンで選べること、そして蒸気レスで沸騰できることです。


調乳のタイミングで70度のお湯が、コーヒードリップモードですぐに出せる。新生児の少ないミルク量を作るのに、こんなに心強いことはありません。本当に買ってよかった!育児が終わった後も、1杯分のお茶やココアを作るのにも便利そうです。子どもが大きくなっても安全。


②哺乳瓶の洗浄を楽にする、スペア哺乳瓶

授乳の後毎回哺乳瓶を洗浄するのって、地味に大変です。

特に我が子は夜22時の授乳の後に夜泣きしがちで、次の1時の授乳タイムまでに私が寝れる時間が少なく、1時の授乳タイム後はへろへろに。すぐに寝たいけれど、哺乳瓶が1本しかなければ洗浄消毒しないといけません。


地味ですが、哺乳瓶が2本あれば1回ためられます!搾乳器を買ったらもう1本ついてきたので今は2本体制です。地味だけど本当に気楽です。地味だけど!


③哺乳瓶の消毒を楽にするレンジスチーマー

夜中に煮沸消毒なんてしてられない……!

ということでレンジでチンするスチーマーが便利です!

蝶プラ工業 消毒用品 電子レンジ用スチーム殺菌容器 041823

蝶プラ工業のスチーマー。哺乳瓶は2本入り、600W 3分で消毒完了です。

購入の時に哺乳瓶1本サイズのコンパクトなものと悩みましたが……先述の通りに哺乳瓶は2本まとめて消毒していますので2本サイズで正解でした。育児が終わったら肉まんや温野菜作りにも蒸し器として使えるので、大きめサイズで良かったと思います。



哺乳瓶でのミルク作りや哺乳瓶は一時的なものかもしれませんが、産後の弱った身体と精神にはこういう便利アイテムは本当に心強いです。ベビー用に限らないモノなら育児が終わっても使い続けられるのも素敵。しばらくとは言わず、長々とお世話になろうと思います。

落合陽一の「貯金は滞留に価値を見出しているだけ」がぐさりときた

最近お金について勉強しようと思っています。

 

「学資保険とか入った方がいいのかしら?」と考えた時に、学資保険が何かとか、メリットデメリットとかを知らず、漠然と「学資保険」という言葉に釣られちゃダメだなと思ったんです。お金について勉強しなきゃなー……でもよく分からないしなー……お金について興味あんまりないもんなー……経理部所属なんですけどね、苦手で)。

 

そんな私ですが、落合陽一のとあるインタビューではっとさせられました。

 

筑波大学准教授でメディアアーティストを名乗る落合陽一さん。日本の若き天才として有名な方ですが、彼が「日本人とお金」について話したインタビューでこんなことを語っていました。

 

お金が溜まってる方が価値があるという考えは、お金が留まっていることに意味があるということですよ。逆ですからね。キャッシュフローが成立してるところに意味があるだけで、お金が留まってるところに意味なんかないですからね。

 

インタビューの全容は下記のリンク先で全文読めます。

startup-asap.com

 

これは私にとってはかなりの衝撃でした。最初に書いた通り、自分はあまりお金に興味がないと思っていたのですが。確かに結果貯金が増えるのは好きなので、これって確かに拝金主義ですね。

 

またその貯金は「滞留」であるという言葉にぐさりぐさり。

 

風通しのいいお家づくりをしよう。風通しがいいとはモノが滞留せず、動いている状態。そう思っている私には「滞留」はかなりネガティブな単語です(笑)資産運用とかなると一気に違う感覚の単語に聞こえますが、お金を滞留・休眠させないと思えば楽しい。

 

 

というわけで少しずつですがお金について勉強してみることにしました。最初に読んだ本がこれ。山崎元大橋弘祐『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

タイトルからしてド素人向けなのがよく分かる本ですね(笑)いいんです、これくらいの初心者レベルからちゃんと分からなきゃいけないんです私(本当に経理部員なのか疑わしいですね笑)

 

 

シンプルライフのブログを読むと、結構お金について書いている人も多くて、なんでだろう?って思っていました。「無駄なモノを買わないからお金が貯まる」「興味関心がモノからコトに変わる」「モノだけではなくコトも整理整頓しようとする」「自分の生活をコントロールしようとする」……どれもそうなんでしょう。夫曰く「ミニマリスト思考の人は合理的なんだよ」でしたが。

 

私が合理的思考になる日は来なそうですが(笑)とりあえず興味を持てたのでこの機を逃さずに勉強してみようと思います。

自分でコントロールできないことは、諦めることも大切。

お七夜

生まれて7日間無事に過ごせたことを祝い、命名式を行う、というおめでたい行事です。母が尾頭付きの鯛を用意してくれ、夫も仕事帰りに実家に泊まりにきました。

f:id:itgreco:20181025180828j:plain

が、しかし……。

夜泣き→昼泣きのコンボをくらい、退院2日目にしてフルで洗礼を受けた私。何かあれば24時間助産師さんに相談でき、ご飯やシャワーの時には新生児室に預けられたまるで天国のような産院とは違い、逃げ場がありません。

たった1日ですが参ってしまい、お七夜中に赤ちゃんも私も大泣きするという展開。お祝いムードはぶち壊しに……笑。


マタニティブルースは、産後1週間後くらいから、日本人の30〜50%に現れるそうです。今まで大量のホルモンを作り出してきた胎盤が排出され、ホルモンバランスが不安定になるのが原因。イライラや不安、悲しくなり、涙が止まらなくなるそう。


性格的に完璧主義だったり、もともと働いていた人、実家に里帰りしたり、妊娠中に引っ越した人に現れやすい、と書いてありました。私か。


たしかに合理主義というか、理論的な考えでいったら上手く処理できないことばかりです。大人なら泣くのには理由がありますが、赤ちゃんが夜泣きするのに理由はありません(昼夜逆転してるだけ)。これをすぐに泣き止ませるのにテクニックなんてきっとなさそう……灯りの調整くらいしか……。



私の好きな家の掃除や整理整頓収納の場合、現状の観察分析→対応で片付くことが多いです。


「お風呂のカビが生える……原因は湿気と垢だな。お風呂あがりにざっと垢を落とそう。冷水をかけて、スクイージーで水切りしよう。椅子は浴槽の縁にかければ足もつかないし、あとは換気扇を4時間かけよう。」


「台所の作業台上が掃除しづらい……ものが出てるのが原因だから、ものを極力しまうようにしよう。しまえるスペースを確保するためには棚を増やすか、ものを減らすかだな。」


自分の行動パターンも含めてこれを考えるのが楽しいんですよね。快適になるとすごく嬉しい。


でも赤ちゃんにこれは通じません。


赤ちゃんを変えることは難しいので、私が変わるしかないですね。一緒に寝たり、できないことは諦めたり。


諦めと楽観が大切。新生児なんてそんなものだと割り切る。赤ちゃんも私も、お互い素人なんだから仕方ない。いずれ慣れる日が来るはず、と。お互い亀の歩みで進んでいこうね、と。


これができるようになれば、きっと生きる上でのしなやかな強さを手に入れられる気がします。頑張ります。