おうちのモヤモヤ退治

おうちのモヤモヤ退治

余白がほしい

ファッション

シャネル展で見た「削ぎ落とすこと」の話。

「シャネル」と聞いてどんなイメージがありますか?ハイメゾンのブランドで、ツイードのジャケットや黒のキルティングに金のチェーンや留め金のバッグ、Cマーク、マリリン・モンローの台詞で有名なかの香水No.5……。 「ガブリエル・シャネル」や「ココ・シャ…

紫外線対策に遮光100%の帽子を買ってみた話。

ここ数日は若干涼しい朝ですね、朝だけ。昼間は日差しもペカーッと眩しく、毎日焼き鳥みたいな気分です。 顔は一年中日焼け止めを下地がわりに使用しています。妊娠してシミとか肝斑出まくって反省しましたからね……。去年からはスキンアクアのパープルを使っ…

最近のトップスの入れ替えあれこれ、の話。

今日のブログはシンプルにトップスの入れ替えの話です。シンプルに!引き出しを閉める時になんとなくはさまらないか配慮するようになったら見直しのタイミングです。さて手放す方から。水色のレースのプルオーバーと黒レース編みニット。両方とも2018年の冬…

ベーシックカラーが似合わなすぎてパーソナルカラーを思い知った話。

先日ほぼ10年ぶりにスーツを新調しました!内勤だけれどゆるゆるなオフィスカジュアルなので全然着ていなかったのですが、去年辺りから来客対応(しかも銀行とか証券会社)が増えてきたため、思い切って購入に至りました。白とかグリーンとかのノーカラーで…

me ISSEY MIYAKEの魅力を書いてみる。

普段ブランドものの話はあまりしない私ですが、今回私のクローゼットを侵食しつつあるブランド【me ISSEY MIYAKE】の魅力について書いてみます。意外とmeについての記事ってないんですよね。ギャルソンやヨウジ、一生さんでもPLEATS PLEASEの記事は多いんで…

そろそろ冬物を手放した話。

気温が乱高下する三寒四温な4月。気温の変化が苦手な私は、すぐに冬物の整理ができません。急に冷え込むんだもの……。それでもそろそろ底は抜けたようなので、服の整理をしました。今回手放す服達。ウールのタートルネックのセーター2枚、ウールのスカート1枚…

「なんとなく選んだ1万円のバッグを10個持つよりは……」には落とし穴があった話。

先日ひっさしぶりに会社の女性陣4人で女子会しました。ほぼ1年ぶり!なかなかコロナで集まりにくい状況ですが、それでも集まれば会話が止まらない。素敵な同僚達で幸せ者です。さて、そんな中でブランドのアイテムの話が出ました。Cさんがボッテガヴェネタの…

愛用のリュック、Egg Packを1年使ってのレビューをしてみる話。

通勤カバンの中での地位を確立したリュック。昔はビジネスカバン(ブリーフケースとか)一択でしたが、東日本大震災で帰宅難民が大量発生して以降、リュックにスニーカーも容認されましたね。すっかりお馴染みのスタイルになっています。そんな私も3年前から…

マンテルのアクセサリーは子供が小さい時にはつけてはいけないと痛感した話。

シンプルなニットを着ていた冬、アクセントにネックレスをつけていました。ヘビロテしていたのはティファニーのベビーペンギン(12年前位に購入)と、creemaで購入したビーズとパールのネックレス。このビーズのネックレスはちょっと変わったデザインで。で…

世界一の靴磨き職人曰く、靴磨きはマインドセットだという話。

色んな人がYouTubeチャンネルを開設していますが、ちょっと憧れの人の人が開設しているのって案外気づかないものですね。ストリートスナップと言えばのシトウレイさんもチャンネル開設していたのを今更知りました!話し方に元気貰える〜!大好き!夜に保育園…

私に丁度いい春コートの気温の話。

春めいてまいりました。ハクモクレンや梅が咲き誇り、夕焼けの空の色(春茜)も、とても淡くて柔らかい。保育園の送迎で決まった時間に同じ道を歩き続けているためか、随分季節の変化に気づけるようになっています。だんだん春めいてくると悩むのがアウター…

憧れのブランドを、着こなせなかった頃の話。

憧れの服のブランドって、ありましたか?私にはありました。中高生の頃はvivienne westwood。大学生の頃からはコムデギャルソンとヨウジヤマモト。パターンが美しく、身体を概念で形作るような服は、本当に雑誌で見ていて惚れ惚れしました。しかし私にはお金…

やっぱりちゃんとした肌着メーカーのタイツっていいな、の話。

どうもこんにちは、年間300日位タイツを履いて生きています。多分冗談じゃなくそれくらい履いています。家にパジャマで引きこもる日以外はタイツ。しかも平然と年中80デニール。さすがに妊娠出産以降は体質が変わったのか厳しくなってきたので今夏は60デニー…

みすぼらしい服、の話。

服を処分する時、不要だったり、ダメージが激しい場合は躊躇なく処分できますよね。でもそこまで明らかでない場合、諦めがつかずに「でもまだ着られるし……」となってしまいませんか?私は大抵これです。そして自分ではこのジャッジがなかなか難しく、客観視…

『そんなに好きじゃないけれど着ている服』をアップデートして底上げする話。

こんまり先生はときめく服を残す、と言います。確かにそう、ときめくアイテムが多いとクローゼットを開けた瞬間にハッピーな気分になります。これはもう、理想中の理想なんでしょう。 ただね、こんな意見を前に見かけたのです。「ときめく服以外を捨てたら、…

見た目を整える、という話。

昨年に最寄駅の駅ビルに入っていた本屋が撤退してしまいまして、徒歩10分圏内の本屋がなくなってしまいました。昔から空いた時間があれば本屋をふらつく人間なので、寂しい。ちなみに毎月そこそこ買っていた筈。飲み会帰りに何故か財布がきっちり空になるよ…

究極に靴の数を減らしても1つはブーツを持ちたい話。

というタイトルをつけてしまう程ブーツが好きな都内在住の私です。 以前、「ブーツなんてミニマリスト業界だと不要だと言われている」という記事を目にしました。確かに、通年でない・高さがあるから場所をとるというデメリットはありそう。ただこのデメリッ…

コートを買取に出して愕然とした話。

以前の記事で書いた通り、コートを1着処分しました。 MIU MIUのコートで、3年前に古着で購入したものです。Aラインの立体裁断のシルエットが美しく、ウールの布地も大きなチェックに編み込まれていてとても可愛いコートでした。本当に着るたびにドキドキした…

冬が終わったら手放す予定を考えてみる

多い気がしているんですよね、トップス。 何枚が適切かはさておき、自分の感覚だとワンシーズン4枚位だと引き出しがノーストレスです。去年4枚で過ごして快適だったのが大きいです。去年(育休中)これで快適だったから、それ以上になると多いと感じてしまう…

コートの枚数と、自分の生活と、スタイル。

12月の東京。今年は比較的暖かいような気がしています。毎年そんな事を考えていて、でも下旬になるときっと寒いのよね。 *** さて、今日はコートの適数について書いてみます。これって結構人によって違うんじゃないのかしら。何枚が適量なのかは、本当に…

通勤着チェック……黒の綿って恐ろしい。

育児休暇からの復職がもう目前に迫っています。 今回は、「そもそも育児向いてない」「早く復職して大人と会話したいし社会復帰したい」「にいこ超可愛い」「産後うつ」「コロナ緊急事態宣言」と目白押しで、今も悩みに悩んでいますけれど、まぁ復職します。…

31歳、初めて髪を染めました。

えへへ、タイトル通りです。インナーカラーでベージュピンク入れてみました。自分の視界に入ってくるサイドの前髪が黒髪なので、うっかりすると自分の髪がどうなっているのか忘れがちです。たまに鏡見て気づいて上機嫌です。 *** 「一回も染めてないとか…

ダウンコートの入替と手放し方

先日ふらっと立ち寄ったユニクロで、まさかの+J (ジルサンダーとのコラボ)のダウンを見つけてしまい、30分ほどの脳内会議の末に購入しました。いやっほい! UNIQLO +J を最初に見たのは大学生の時です。あの時はアルバイトの稼ぎも少なくて、定価で買え…

思い出の服に罪悪感を感じた時には

冬服の購入に向けて、まずは空きを確保すべく引き出しを眺める私。前回挙げた条件にそぐう服かを確認していきます。 ちなみに自分のスタイルとして、カーディガンは黒、トップスは無地、ワンピース&スカートは柄モノ、タイツは黒、で統一していこうかと目論…

出産前に産後の冬ファッションを考えておく

ぐっと寒くなってきました。秋の訪れは、いつだって突然。汗だくの真夏に焦がれた涼しさも、あまりにも急に来るものだから、なんだか戸惑ってします。最近はそんな感じです。あと急に朝晩の気温が下がるものだから、鼻水が止まらない……。 今年の秋冬は何着よ…

服を購入する時に、終わりを想像してみる

「その服を買う時に、何年着るかを想像していますか?」 先日インスタグラムを見ていたらこんな投稿がありました。保存しなかったから細かい言い回しは曖昧なのですが。でも見た時にはっとした自分がいたのです。 モノには、はっきりと終わりが分かるモノと…

クローゼット総点検と、夏の終わりの断捨離祭り。

急に肌寒くなってきました……まぁ本来の暦に戻っただけなんですが、毎年この落差に体調を崩しがちな私。鼻炎薬が手放せません。 さて、クローゼットをチェックして断捨離しました。供養として断捨離理由とともに記録していきます。 ①スカート 2点。 黒は通販…

新しく服を買う前に、美容室でスタイルを決定する

最近は「さらば偽りの物持ちのいい私」キャンペーン中でして。クローゼットの見直しを地道に進めている私だったりします。 なんでだろ……出産して、育休明けて復職して、30歳になって、なんとなく見直したい時期なのかな。あとこう、“母”になったから、だから…

着倒した服は、もう既に「みっともない服」になっているのかもしれない。

前回の記事の続きです。 「物持ちがいい」って、単純に所持している長さだけを指しているだけだと危険だなぁと思った話なのですが、同時に思ったことがありました。それは、「着倒した」と判断する時のボーダーラインの設定についてです。 itgreco2.hatenabl…

最近思うこと……「物持ちがいい」は本当に「物持ちがいい」のか?

このブログを読んでくださっている皆さま。あなたは「物持ちがいい」タイプの方ですか? 私はかなり「物持ちがいい」タイプの人間です。ハイゲージのタートルネックのセーター10年、ウールのジャケット8年、等々、結構長々と着ています。言うとかなり周りか…