おうちのモヤモヤ退治

おうちのモヤモヤ退治

家の中のもやもやをなくす為に邁進するブログ

【混合から完母への道のり】21:卒乳予定日……?

生後10カ月半の頃、冷凍母乳のデリバリーも終わりを迎え、後は卒乳を待つばかりとなりました。

 

f:id:itgreco:20190606001350j:plain

個人的には、断乳ではなく卒乳にするつもりで。親都合で終わりにするのではなく、赤ちゃん本人が満足して終わりを迎える卒乳。まぁ割とすぐっしょ!とも考えていました。

 

娘は生まれてすぐにおっぱい拒否をした生き物です。哺乳類ってなんだっけ。その後格闘を続け、続け、続けた結果、哺乳瓶を拒否するかたちで完母となりました。

 

つまり、私の中では「娘はそんなにおっぱい好きじゃないだろうなー」と思っていたのです。初期を振り返ると、ね、どうしても娘がおっぱいラブとは思えませんでした。

 

 

 

また、私が大好きな子育てマンガを描いているインスタグラマーさんの息子の卒乳が11カ月だったこともありました。息子さんはお乳ナンバーワン!な位におっぱい好きだったのに、11カ月で急に飲まなくなり卒乳したのだそう。

 

そんなお乳ナンバーワン!な子が11カ月で卒乳していくのに……おっぱい拒否してきた我が娘がそれ以上に飲み続ける訳がないじゃないか。

 

だから、娘の卒乳も、きっともうすぐ。

 

 

 

……と思ったのですが、未だに卒乳していません。ブログ記事がリアルタイムに追いつきましたが、現在生後1年2カ月を超えました。どういうこった。個人的にはおっぱいを見せてかぶりつかなくなれば卒乳と思っているのですが……まだ先のようです。

 

もう1年も経ったし、母乳量はキープというよりも徐々に減る方向でいいかな?と思っています。母乳量が減って、おっぱいとしての魅力を失い、「全然出ないじゃんこのパイ!」となった娘に見放されると。そんな感じで目論んでいます。それもどうなんですかね。

 

でも自分としては授乳ライフに悔いはありません。……いや、悔いは、正直多少あります。でも今この時点でやれることはやったよ、と思うし、自分なりには試行錯誤しながら、ミスも犯しながらも、頑張ったと思えます。

 

 

 

このブログ、実はこの【混合から完母への道のり】シリーズにアクセスが多かったりします。本職?はお家を循環させるための格闘日記なのですが……需要があるみたいで書いててよかった。

 

Google検索でたどり着いて読んで下さった方は、きっと混合育児に悩んでいる方だと思います。私もやっぱり3カ月くらいまで、おっぱい拒否、ミルク量が分からない、体重増えない……といったことに悩みまくりました。四六時中Google検索して、育児情報サイトやブログを読み漁っていました。

 

今1歳を超えて思うことは、振り返ると、まぁミルクもっと飲ませてもよかったよね、みたいな無責任な感想です(未だに成長曲線下の方だし、身長なんて下位3パーセントなので)笑。

 

逆にそれくらいに思える日が来ます。検診で引っかからないのなら、やってることに間違いはないんです。

 

 

「お母さんが選んだ育児方法が最終的には正しい」と助産師さんに言われて「どうすりゃいいんだ!」と思った日がありました。生後3カ月前の日。それは紛れもなく正しく、また当時は手助けにならない言葉でした。

 

長々と書いてきたこの授乳奮闘記が、同じく悩む誰かの少しの手助けになれると、こんなに嬉しいことはありません。

 

 

まるで終わったかのように書いていますがまだまだ卒乳しない娘です。いつになるかな……。